ごあいさつ

「温度・圧力・流体を科学する」をテーマに、半導体製造装置周辺機器の設計、製作をはじめ、自動車、医療、計測機器などの部品や装置開発にも取り組んでおります。

私たちの保有する技術がさまざまな分野で製品化され、お客様に役立てればと 思っております。研究開発や試作などお客様のニーズを創意工夫により製品化し、お客様に喜ばれる製品をお届けすることに、社員全員が情熱を持って取り組む会社です。
心より皆様方のお問い合わせをお待ちしております。


株式会社テクノメイト
代表取締役社長 芦田 春幸


概要

社名    株式会社テクノメイト
      英文 Technomate CO.,LTD)

設立    1994年7月6日

所在地
      <本社/工場>
      〒192-0031 東京都八王子市小宮町785−1
      [周辺地図]
TEL
      <本社/工場>
      042-646-4612
FAX
      本社:042-646-4613 工場:042-649-4788

資本金   13,000,000 円

役員    代表取締役 芦田春幸

従業員   15人


<本社/工場>

電車の場合
最寄駅 八高線 小宮駅
南口より徒歩1分


沿革

 

1994年

 7月

 

会社設立
半導体装置用冷却水ポンプユニットの製造を開始

1995年

 1月

 

YAGレーザー向け熱交換器の製造を開始

1995年

 2月

 

事業所を八王子市中野上町1−30−4に移転

1995年

 7月

 

リフトオフ装置向けウエハ洗浄用高圧ポンプユニットの製造を開始

1995年

10月

 

ドライエッチャー向けウエハ洗浄用超純水昇圧ポンプユニットの製造を開始

1996年

 5月

 

工場43㎡を増設

1996年

 7月

 

CMP酸化膜研磨用分散剤供給装置の製造を開

1997年

 7月

 

ワイヤソー向けスラリー液恒温循環装置の製造

1997年

11月

 

YAGレザー用熱交換器製造通算100台目を達成

1999年

 7月

 

CSP/ダイサー兼用洗浄用高圧ポンプユニット

1999年

 9月

 

バックグラインダー向けスラリー供給装置の製造を開始

2000年

 3月

 

所在地を八王子市高倉町7−24に移転

2000年

 5月

 

冷却水ポンプユニット製造通算100台目を達成
スラリー供給装置のUL準拠、SEMI,CE規格審査適合品の製造開始

2001年

 2月

 

敷地内に倉庫兼事務所70㎡を増築

2001年

 3月

 

連続供給式スラリー供給装置の製造を開始
中小企業振興公社より産学公新製品開発の助成を受け都立大並びに
産業技術研究所と共同研究を開始

異業種交流グループ「WEB多摩21」設立に参加

2005年

10月

 

有限会社テクノメイトから株式会社テクノメイトへ組織変更

2006年

 3月

 

八王子小宮工場開設

2007年

 3月

 

本社を八王子小宮工場へ移転、統合

2007年

 9月

 

家庭用燃料電池補機の集積化に関する連携体活動を開始

2007年

10月

 

クリーンルームを新設

2007年

12月

 

「ルイスと未来泥棒」メガネ洗浄機レンタル

2008年

 1月

 

富士急ハイランドに大型メガネ」洗浄機設置工事

2008年

 2月

 

添加剤滴下装置P10A開発、納入開始

2008年

 3月

 

NMP溶剤加熱装置開発、納入開始

2009年

 2月

 

スラリー供給装置P85A開発、納入開始

2009年

 4月

 

自動車用燃料電池セル位置決め装置開発、納入開始

2009年

 7月

 

歯科治療用部材製作、納入開始

2009年

 2月

 

SIC燃料電池研究会にて考案した水素発生装置を燃料電池展に参考出品

2009年

 9月

 

関東経済産業局より「太陽光や雨水を活用した低炭素社会システムの構築」事業が、 さがみはら産業創造センターにより採択され、活動に参加

2010年

 7月

 

立川シネマシティに3Dメガネ洗浄機M47納入

2010年

 8月

 

「スラリー冷却装置及びスラリー供給装置」特許取得

2010年

10月

 

JAXAにX線CCDカメラ用機器納入

2011年

 1月

 

東京都より「経営革新計画」の承認を受ける

2011年

 5月

 

三次元ソフトSolidWorks2011導入、ワークステーション2台設置

2011年

 7月

 

「スラリー希釈装置」特許取得

2011年

 7月

 

台北市世界貿易センタービル内に台湾事務所開設

2011年

 9月

 

台北国際発明展&テクノマート見本市に初めて出展

2011年

 8月

 

新製品、高圧ポンプFSBL50納入開始

2011年

12月

 

新型スラリー供給装置マルチサプライユニットP105開発、納入開始

2012年

 3月

 

自動車用スタータモータ解析装置開発、納入

2012年

 3月

 

可搬型太陽光パネル追尾装置開発(SIC燃料電池研究会)

2012年

10月

 

MEA仮組装置改造(某自動車研究所)

2012年

10月

 

台湾機械加工メーカのキングティーム社と日本における販売契約を締結

2012年

12月

 

内視鏡用パイプ自動洗浄機開発、納入

2013年

 3月

 

湿式ガスメータ用水自動供給装置開発、納入

2013年

 5月

 

湿式ガスメータ用油供給装置開発、納入




経営理念と方針

◆ 経営理念

流体制御技術を通して社会に貢献し、お客様の喜びを生きがいとするものづくりをめざします。

◆ 経営方針

@ 独自の製品開発をめざす

社会ニーズの中でテクノメイトができるものづくりは何かを考え、製品開発に結びつけていきます。

A 友好な協業体制を構築する

テクノメイトだけではできなくても、テクノメイトの考えに賛同し協力いただける企業様と共に考え発展させる関係を築きます。

B プロフェッショナルな集団をめざす

最初は誰でも知識、経験のない素人です。しかしテクノメイトの社員はテクノメイトの仕事が好きで、情熱を燃やすことが出来る人の集団です。
自らをきびしく律し、プロとして高い目標をもって行動します。